本の一覧表はこちら
救世主の条件 上巻
詳細はこちら
出雲大社と千家氏の秘密
詳細はこちら
別冊宝島 秘仏の謎
詳細はこちら
神社仏閣に隠された日本史の謎と闇
詳細はこちら
家康の暗号
詳細はこちら
救世主の条件(上)
詳細はこちら
救世主の条件(下)
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<一>
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<二>
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<三>
詳細はこちら
怪談! 本当は恐い「お城」の話
詳細はこちら
怖い童話
詳細はこちら
「坂本龍馬の暗号」殺人事件(上)
詳細はこちら
「坂本龍馬の暗号」殺人事件 (下)
詳細はこちら

『不易流行と武士道2018
〜がん医療と新しい時代の幕開け!Ⅱ』

 この度の西日本豪雨、台風災害、北海道胆振東部地震で被災され、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興を応援させていただきます。


 さて、第4回がん撲滅サミットに入場エントリーをされた皆様には10月4日から順次入場チケットの発送が開始されましたので、今しばらくお待ちください。当日のご来場を心よりお待ちしております。



 10月に入り、うれしいニュースが続々と入って参りました。


 その一つは京都大学特別教授の本庶 佑先生がノーベル生理学・医学賞を受賞されたことです。これによって、がん免疫療法の扉が大きく開かれ、まさに新しい時代の幕開けとなりました。


 同時にテレビやネットを中心に玉石混淆となっている免疫療法への警戒を呼びかける声が大きくなっております。本庶先生ご自身も「21世紀は免疫の力で、がんを抑えられるのではないか」と語っておられますが、その一方で、悪質なクリニックについても「(科学的に裏付けのないがん免疫療法を)お金もうけに使うのは非人道的だ。わらにもすがる思いの患者に証拠のない治療を提供するのは問題だ」と指摘されています。


 私もその通りだと思います。
 しかしながら現状では、本庶先生のご意見は一対で語られるものであり、一方を切り取って免疫療法を全否定するものではないでしょう。


 第3回がん撲滅サミットでご講演をいただいた国立がん研究センター がん対策情報センター長の若尾文彦先生も朝日新聞のインタビューに答えて、悪質な免疫療法に対する警鐘を鳴らされたあと、こう仰っておられます。


 「なぜ患者さんが自由診療の免疫療法を受けてしまうのか。
それまでの拠点病院などでの治療がうまくいかなかっただけでなく、医師から十分な説明がなかったり、話をきちんと聞いてもらえなかったりして、それまでの医療者に不信感などがあったからではないかと思います。その背景には拠点病院で一人ひとりの患者さんとじっくり向き合うゆとりがないといった医療体制の問題もあります」


 さすがによく分析されておられます。


 上手くいかなかったというだけではなく厳しい副作用によって苦しんでいる患者さんが大勢いらっしゃるという現実から目を逸らしてはいけません。そのうえで先の若尾センター長はこう続けておられます。


 「いま自由診療の免疫療法を受けている方が十分に納得して満足されているなら、無理にやめていただくことはありません。ただ、かけた金額に見合った効果が本当に得られているのか、ちょっと立ち止まって考えていただいて、もし不安や心配があるようでしたら、主治医や拠点病院のがん相談支援センターにぜひ相談していただけたらと思います」(下線筆者)

 同氏は決して免疫療法という選択肢を排除しておりません。しかも免疫療法について不安のある場合、相談するのであれば専門知識と資格のある主治医か、(プロフェッショナルのいる)がん拠点病院のがん相談支援センターと限定的に指定されておられます。
 まさにバランス感覚のある適切なご回答だと存じます。


 さらに前述の若尾文彦センター長はインタビューの最後に一部の標準治療絶対主義の医療者を戒めるかのように次のように述べています。


 「医療者の側には、なぜ患者さんが自由診療の免疫療法を受けようと思うことになったのか、そこに至るまでの患者さんの経緯をふまえ、気持ちを受け止めることが必要だと思います。そのうえで、これからどうしていけばいいのか、一緒に考えていくという姿勢が求められます」
 若尾センター長の仰る通りです。免疫療法を批判する側にも、こういう謙虚な姿勢がなければ医療の発展はあり得ません。


 先日も群馬県在住の患者さんから「標準治療に体力的な限界が来ています。抗がん剤の副作用がきつくてリタイア寸前です」というお話や「免疫療法の悪質なクリニックに警鐘を鳴らす活動も大事だけど抗がん剤の副作用をなくして効くように呼び掛けてくれた方が、患者にとっては何十倍も励みになるのに、なぜメディアの皆さんや有名な医師の方、患者会の皆さんはそういう行動を起こさないのでしょうか」とのお話がありました。


 確かにオプジーボに便乗した悪質なクリニックは問題です。この点に警鐘を乱打することは大事でしょう。しかし、その警鐘を鳴らすための報道をする側が、いつも同じ取材源、コメンテーターでは読む側もかえって身構えたり、またか、と逆に呆れ返ってしまい、思うような効果が期待できなくなってしまいます。


 しかも、いつも同じメンバーであること以上に、ほとんどの取材源の皆さんが免疫療法の直接的被害者でも免疫療法の専門家でもない点が気にかかります。ちょっと取材すれば免疫療法でサバイバーになった方や被害を受けた方々がいることはわかります。


 しかし、なぜかいつも特定の方々のコメントしか記事にされておりません。やはりマスメディアであるならば、日頃から幅広い取材と価値観の違う意見もご紹介するなど、ある程度、中立性も担保する必要があるのではないかと存じます。がん医療のジャーナリズムを見ていると特にそう感じてしまうのは私だけではないでしょう。


 記事は足で書け! ジャーナリストや物書きの、この鉄則は、いつの時代も変わりません。
 私は素直に本庶先生が受けたこれまでの批判やご苦労を思い、受賞お祝いのメールを差し上げました。本庶先生の奥様もここまで来るのに大変な思いをされたことと存じます。
 本当におめでとうございます。
 本庶先生のご活躍を益々応援させていただきたいと思います。


 今大会に登壇される大阪大学大学院医学系研究科の杉山治夫先生は本庶先生と旧知の間柄です。たとえば、共同論文を執筆されたり、ご自身が開発されたWT1ペプチドがんワクチンと本庶先生の研究成果とのコラボレーションのご提案を本庶先生から受けたりとお互いに研究者という土俵において良きライバルであり、良き盟友でいらっしゃいます。


 また中村祐輔先生はノーベル賞に最も近い人物と言われており、今後のご活躍が益々楽しみです。
 さらにMUSE細胞の出澤真理先生は2018年4月に米国の『National Academy of Inventors』を受賞されましたが、この賞はこれまで29人のノ−ベル賞受賞者が受賞している、いわばノ−ベル賞の登竜門といわれている賞です。今年に入ってすでに出澤先生には米国から講演依頼が続々と舞い込んでおり、海外から熱い視線を浴びておられます。


 第4回がん撲滅サミットでは、こうした次代のノーベル賞を期待されている先生方が一挙に登壇されます。確かにノーベル賞だけが研究の目的ではありません。しかし人類への貢献という価値観に基づいて研究者や開発者の皆さんを顕彰するノーベル賞の意味や意義は桁違いに大きいものがあります。


 一方、第4回がん撲滅サミット実行委員会の根本匠顧問が10月2日、厚生労働大臣にご就任されました。今後、益々がん対策が加速化され、がん撲滅への推進力、旗振り役としてご活躍いただけるものと存じます。


 このように新しい時代の幕開けが始まりました。私は、これまで四度生死の境をさ迷いました。また心肺停止になったこともあります。私自身、死を覚悟したからこそ、皆様には確かな生と希望を掴んでいただきたいと思います。


 第4回がん撲滅サミットをきっかけに、山中伸弥先生や本庶佑先生に続く研究者の皆さんのため、そして第一に患者の皆さんのために皆で励まし合う、がん医療の世界を作り上げて参りましょう。皆さん、ぜひとも当日は東京ビッグサイトでお会いいたしましょう!

中見利男拝
不易流行と武士道2018〜がん撲滅サミットの使命とは何か?〜(2018年9月28日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミット所感〜(2018年9月14日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットHPにて光免疫療法 小林久隆先生ほか前大会の動画配信決定!〜(2018年9月3日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットエントリー方法について〜(2018年8月20日)
不易流行と武士道2018〜『救世主の条件』(角川文庫)について〜(2018年8月17日)
不易流行と武士道2018〜『救世主の条件』(角川文庫)刊行のお知らせ〜(2018年8月6日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットへのご支援の御礼〜(2018年7月17日)
不易流行と武士道2018〜この度の西日本豪雨被害に遭われた皆様へ〜(2018年7月10日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットHP公開に向けて〜(2018年5月18日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットのご入場に関して〜(2018年4月11日)
不易流行と武士道2018〜がん医療と新しい時代の幕開け〜(2018年3月3日)
不易流行と武士道2018〜がん撲滅サミットと光免疫療法(2018年1月21日)
星野仙一氏に誓う/不易流行と武士道2018(2018年1月9日)
新しい年へ/不易流行と武士道2018(2018年1月1日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット、ご支援ありがとうございました追伸〜(2017年11月16日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット、いよいよ開催!〜(2017年11月5日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットの真の提唱者とは?〜(2017年9月24日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットへの情熱〜(2017年9月12日)
不易流行と武士道2017 〜がん撲滅に立ち上がった明治の男たち!〜(2017年8月10日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと決断U〜(2017年8月5日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット続報〜(2017年7月23日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと決断〜(2017年6月26日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと覚醒〜(2017年5月12日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットHP公開は5月12日に決定!〜(2017年4月23日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット〜(2017年2月3日)
不易流行と武士道2017 〜謹賀新年〜(2017年1月1日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミット2016のご報告〜(2016年10月26日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミット2016〜(2016年9月29日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミットにおける高円宮妃殿下のおことば全文〜(2015年6月15日)
不易流行と武士道 〜高円宮妃殿下とがん撲滅サミット〜(2015年6月5日)
不易流行と武士道V 〜がん撲滅サミット〜(2015年3月23日)
不易流行と武士道U 〜吉田松陰と松下村塾の秘密と謎(2015年1月15日)
不易流行と武士道 〜吉田松陰と松下村塾の秘密と謎(2014年12月27日)
不易流行と武士道(後編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年10月6日)
不易流行と武士道(中編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年9月11日)
不易流行と武士道(前編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年8月22日)
不易流行と武士道 ――偽天皇事件に秘められた日本史の謎(2014年6月18日)
不易流行と武士道 ――君たちを路頭に迷わせない(2014年4月25日)
不易流行と武士道 〜敗れて目覚める〜(2013年10月31日)
不易流行と武士道 〜堺雅人氏の演じた恩の十倍返し(2013年9月17日付)
不易流行と武士道U(2012年11月22日付)
不易流行と武士道(2012年8月16日付)
救世主の条件(2012年1月22日付)
震災対応と日本の病院の真実(2011年12月5日付)
救世主の条件 下巻
詳細はこちら
吉田松陰と松下村塾の秘密と謎
詳細はこちら
偽天皇事件に秘められた日本史の謎
詳細はこちら
官兵衛の陰謀 忍者八門
詳細はこちら
別冊宝島 神社仏閣に隠された日本史の謎と闇
詳細はこちら
天海の暗号 絶体絶命作戦(上)
詳細はこちら
天海の暗号 絶体絶命作戦(下)
詳細はこちら
信長の暗号(上)
詳細はこちら
信長の暗号(下)
詳細はこちら
ニュートン極秘文書 封印されたタブーのすべて!
詳細はこちら
『ロスト・シンボル』の謎 フリーメーソンの正体
詳細はこちら
名場面で読む聖書
詳細はこちら
今でも怖い 日本おとぎ話
詳細はこちら
グリム童話より怖い日本おとぎ話
詳細はこちら