本の一覧表はこちら
救世主の条件 上巻
詳細はこちら
出雲大社と千家氏の秘密
詳細はこちら
別冊宝島 秘仏の謎
詳細はこちら
神社仏閣に隠された日本史の謎と闇
詳細はこちら
家康の暗号
詳細はこちら
救世主の条件(上)
詳細はこちら
救世主の条件(下)
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<一>
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<二>
詳細はこちら
秀吉の暗号 太閤の復活祭<三>
詳細はこちら
怪談! 本当は恐い「お城」の話
詳細はこちら
怖い童話
詳細はこちら
「坂本龍馬の暗号」殺人事件(上)
詳細はこちら
「坂本龍馬の暗号」殺人事件 (下)
詳細はこちら

『不易流行と武士道2019
〜患者の権利について〜』

 立春も過ぎて暖かな日々と冬の厳しさが繰り返されているこの頃ですが、皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
今年に入って患者の権利に理解を求める方々のお声が私の方にも寄せられております。たとえば、すい臓がんサバイバーですい臓がんカフェ+αを主宰されておられるハマリョウさんは患者の権利として以下の5点を提唱されておられます。

 それは患者の求めがあれば、
「(1)治療記録を記載した紹介状を速やかに発行すること。
(2)画像データの開示
(3)手術後のがん組織の提供
(4)がん拠点病院として、その患者の治療経過のデータ保存
(5)紹介状発行後の継続治療の保証と治療拒否の撲滅」
 というものです。
 これを読ませていただいて、もっともなお話だと思います。

 私も大病のオンパレードでしたから、こういう紹介状の拒否も経験したことがあります。しかも意図的にその手術をしている病院の誹謗中傷をすることで治療を受けさせないように対応していた病院のことも知っております。

 「中見さんの症状では手術は無理ですよ。あちらも受けてはいただけないと思います」と語る主治医に医師法の話まで持ち出して応対したこともあるので、ハマリョウさんをはじめとする多くのがん患者の皆さまのお気持ちが痛いほどわかります(このとき先方の医師はもちろん手術大丈夫ですと仰っていただきました)。

 皆さん良識ある医師の方々ばかりですが、しかしそれでも医療者の中には相対するライバル関係にある医療機関や治療法のことは、あえて学ぼうとせず、患者を自分たちの領域に縛り付けておきたいという方々が少なからずいます。

 もちろん治療の主役は患者の皆さんです。ですから生きるために、ある時は立ちあがらねばならないことがあるのです。

 私も患者の権利の確立に向けてご支援を惜しむつもりはありません。ハマリョウさん、皆さん、患者の権利の確立のために応援させていただきます。

 さて、先日、ある方のブログで自分が記者から取材を受けたが、その際、その記者から「確証はないが、がん撲滅サミットと大手免疫療法クリニックは裏で繋がっているのではないか、という話しになった」と紹介されている記事について知人から連絡をいただきました。

 ブログ主の方や記者の方の大手免疫療法クリニックが、一体どこを指しているのかわかりませんが、しかし大手免疫療法クリニックに敬意を表しつつ私の考え方を申し上げるならば、@治療成績を向上させ、開示したうえで同業者に対する自浄作用を発揮するよう働きかけを行うこと。A不当なるバッシングや名誉棄損に対しては毅然として、その当事者に対処し、場合によっては法的措置を行うこと。

 この二つの条件を満たさなければ、我々と連携できない旨をお伝えすることにしております。したがって残念ながら表でも裏でも繋がっているところはありません。

 また事実とは異なるという意味で100万歩譲って、たとえ繋がっていたとして、ハマリョウさんも指摘されたようにそれが犯罪や法的問題に繋がるというのでしょうか。存在しない標準治療法違反に問われるとでもお考えなのでしょうか。

 しかも「確証はないものの」と記者の方が断っておられるのですから雑談の中でのお話を影響力のあるブログ主の方が公表された。これは、さすがに記者の方も迷惑でしょう。一方で、その記者の方もジャーナリストであれば、免疫療法を受けておられるハマリョウさんにも勇気を出して取材されることをお勧めいたします。物事、両論併記は重要かと存じます。

 もちろん、そういう確証のない流言飛語を記者の方が各所で言い回っておられるので、がん撲滅サミットの関係者の皆さん、どうかご注意を、というご進言であれば、むしろブログ主の方に感謝申し上げます。同時にエビデンスのないお話ですので、エビデンス重視のブログ主の方が良識をお持ちでしたら早めに削除されることをお勧めいたします。

 また坂口力先生は元厚労大臣のお立場から開会式にご登壇頂きました。 昨年の第4回がん撲滅サミットの開会式にお越しになった皆さんはすでにご存知のように、坂口先生は自らHPより入場お申し込みを頂いていたのです。あとから判明したため厚労省の後援や幹部の方のご講演をお願いしている以上、敬意を表させて頂き元厚労大臣として開会式へのご出席と相成りました。

 何より坂口先生には我々が忘れてはならない功績があります。それはハンセン病患者の方々と国の裁判において2001年5月11日、熊本地裁から国が憲法違反であるとの判断、つまりハンセン病患者勝訴の判決が出た際、控訴期限は残り14日、つまり同月25日と定められたのです。

 そして、この時から国は控訴せず、と覚悟を決められた当時の坂口厚労大臣は逆に控訴しようとする勢力と政治生命を賭けて凄まじい戦いを演じることになったのです。その結果、ついに国は控訴を断念し、坂口先生は小泉総理と共に厚生労働大臣としてハンセン病患者の皆さんに謝罪をしているのです。

 つまり国が敗れる道を坂口先生が選んだことでハンセン病患者の皆さんは人権や権利を取り戻されたのです。

 こうしたご業績と共に、何よりも坂口力元厚労大臣は大腸がんサバイバーのお一人でもあります。しかも国のために尽くして来られた方々にはそれぞれお立場、お立場があるのですから物事、何でも陰謀論のように見るのはいかがなものかと存じます(第一、どのお立場に立たれるかは個人の自由ではありませんか)。 陰謀論の著作の多い私が申し上げるのですからブログ主の方も耳を傾けて頂けるものと思います。

 その方も患者会を主宰されておられるのでしたら、むしろ患者の権利の確立に向けて率先してその影響力を行使していただけると幸いです。

 その上で申し上げるならブログ主の方は、がん撲滅サミットに安倍総理のメッセージや先の元厚労大臣の坂口力先生など与党関係者の枠組みがあるから厚労省も悪質な免疫クリニックに対してアクションが起こしにくいのではないかとお考えのようですが、自らお祭りと位置付けておられる割りにはがん撲滅サミットのご評価が高いので驚きました。

 それはともかく与党の枠組みがどうのと、がん医療を政争の具にしてはいけません。与野党関係なく「がん」は襲って来るのですから。

 さらに付言すれば悪質なクリニックに対して闘っているのが自分たちだけだという独善的なコミュニティ意識に陥ってしまい、本来連携できる相手まで敵視するのは止めて頂きたい。

 我々は悪質な免疫療法クリニックについてはむしろ厚労省に対処をお願いしている立場です。実際に、とある免疫療法のクリニックでは料金は当初の予算で構いませんから、と始めた治療のはずが、気がつけば治療終了を告げられ約2000万円もの請求を突きつけられた患者の方がいたことも、このクリニックが都内某所にあることも存じております。

 よろしいですか。がん撲滅サミットに対して根も葉もない、しかも一方的な視点で誹謗中傷や風評をいくら流しても事の本質は何も変わりません。

 大事なことは私が始めたように、こうした被害のエビデンスをコツコツと拾い集めて政府に届ける事なのです。
もちろん業務妨害や名誉棄損に当たらない程度のSNSでの注意喚起は必要です。

 しかしあまりにも感情的で過激なものは先方の思う壺になってしまいますので、そこにSNSリテラシーが必要です。その事は優秀なブログ主の方もよく熟知されているはずです。

 しかもがん撲滅サミットは光栄な事に第3回大会では標準治療を重視されている国立がん研究センターがん対策情報センター長の若尾文彦先生、さらに第4回大会では理事長の中釜斉先生にもご登壇頂いております。

 そういう意味でも患者の皆様をはじめとしてオ−ルジャパンでがんを撲滅しようという理念に今後ともいささかの揺るぎはありません。

 いずれにしても悪質な免疫療法やクリニックの情報と命がけで免疫療法を研究されておられる研究者や先人の情報とは精査し、これを区別しなければなりません。何事も誠心誠意が一番強いのです。今後とも患者の権利の確立に向けて私も誠心誠意尽力させていただきます。

 最後にがん撲滅サミットには全国から病と闘いながらお越しになる方々がほとんどです。

 中には重いステージのすい臓がん患者の方も、また広島県在住の母親が余命1週間と宣告されて、3日目に当たるその日にご子息がわざわざ東京ビッグサイトに訪ねて来られ、新たな治療法を知ることで緊急対応された結果、無事年を越して今はお元気に生活を送っておられるという方もいらっしゃいます。

 がん撲滅サミットとは、いわば命がけの人々が集っている場所なのです。ブログ主の方も患者会を主宰されておられるのですから、患者やご家族の皆さんがどんな思いで会場にいらっしゃるかはご存じでしょう。軽々にお祭りなどと断言されない方がよろしいかと存じます。

 もっともお祭りには岸和田のだんじりや岡山県の西大寺会陽、博多祇園山笠のように命がけの祭りもあります。そういう意味でなら、がん撲滅サミットを応援して頂いている患者、ご家族の皆さん、そして患者の権利のために立ち上がった皆さん!

 がん撲滅サミットが単なるお祭だと揶揄する人がいるなら、それも良いでしょう。であるなら我々は人の命を一人でも多く救うために命懸けの祭りをやりましょう!

 今年は公開セカンドオピニオンを拡大します!! 

 ぜひ第5回がん撲滅サミットでお会いしましょう。
 御多忙と存じます。どうぞご自愛ください。

中見利男拝
不易流行と武士道2019〜患者の権利について〜(2019年2月12日)
不易流行と武士道2019〜新しい時代の幕開け2019!〜(2019年1月28日)
不易流行と武士道2018〜道を拓く!〜(2018年12月13日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミット御礼〜(2018年11月20日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットいよいよ開幕!〜(2018年11月15日)
不易流行と武士道2018〜がん医療と新しい時代の幕開けⅢ〜(2018年10月15日)
不易流行と武士道2018〜がん医療と新しい時代の幕開けⅡ〜(2018年10月9日)
不易流行と武士道2018〜がん撲滅サミットの使命とは何か?〜(2018年9月28日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミット所感〜(2018年9月14日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットHPにて光免疫療法 小林久隆先生ほか前大会の動画配信決定!〜(2018年9月3日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットエントリー方法について〜(2018年8月20日)
不易流行と武士道2018〜『救世主の条件』(角川文庫)について〜(2018年8月17日)
不易流行と武士道2018〜『救世主の条件』(角川文庫)刊行のお知らせ〜(2018年8月6日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットへのご支援の御礼〜(2018年7月17日)
不易流行と武士道2018〜この度の西日本豪雨被害に遭われた皆様へ〜(2018年7月10日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットHP公開に向けて〜(2018年5月18日)
不易流行と武士道2018〜第4回がん撲滅サミットのご入場に関して〜(2018年4月11日)
不易流行と武士道2018〜がん医療と新しい時代の幕開け〜(2018年3月3日)
不易流行と武士道2018〜がん撲滅サミットと光免疫療法(2018年1月21日)
星野仙一氏に誓う/不易流行と武士道2018(2018年1月9日)
新しい年へ/不易流行と武士道2018(2018年1月1日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット、ご支援ありがとうございました追伸〜(2017年11月16日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット、いよいよ開催!〜(2017年11月5日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットの真の提唱者とは?〜(2017年9月24日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットへの情熱〜(2017年9月12日)
不易流行と武士道2017 〜がん撲滅に立ち上がった明治の男たち!〜(2017年8月10日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと決断U〜(2017年8月5日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット続報〜(2017年7月23日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと決断〜(2017年6月26日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットと覚醒〜(2017年5月12日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミットHP公開は5月12日に決定!〜(2017年4月23日)
不易流行と武士道2017 〜第3回がん撲滅サミット〜(2017年2月3日)
不易流行と武士道2017 〜謹賀新年〜(2017年1月1日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミット2016のご報告〜(2016年10月26日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミット2016〜(2016年9月29日)
不易流行と武士道 〜がん撲滅サミットにおける高円宮妃殿下のおことば全文〜(2015年6月15日)
不易流行と武士道 〜高円宮妃殿下とがん撲滅サミット〜(2015年6月5日)
不易流行と武士道V 〜がん撲滅サミット〜(2015年3月23日)
不易流行と武士道U 〜吉田松陰と松下村塾の秘密と謎(2015年1月15日)
不易流行と武士道 〜吉田松陰と松下村塾の秘密と謎(2014年12月27日)
不易流行と武士道(後編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年10月6日)
不易流行と武士道(中編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年9月11日)
不易流行と武士道(前編) 〜出雲大社と千家氏の秘密(2014年8月22日)
不易流行と武士道 ――偽天皇事件に秘められた日本史の謎(2014年6月18日)
不易流行と武士道 ――君たちを路頭に迷わせない(2014年4月25日)
不易流行と武士道 〜敗れて目覚める〜(2013年10月31日)
不易流行と武士道 〜堺雅人氏の演じた恩の十倍返し(2013年9月17日付)
不易流行と武士道U(2012年11月22日付)
不易流行と武士道(2012年8月16日付)
救世主の条件(2012年1月22日付)
震災対応と日本の病院の真実(2011年12月5日付)
救世主の条件 下巻
詳細はこちら
吉田松陰と松下村塾の秘密と謎
詳細はこちら
偽天皇事件に秘められた日本史の謎
詳細はこちら
官兵衛の陰謀 忍者八門
詳細はこちら
別冊宝島 神社仏閣に隠された日本史の謎と闇
詳細はこちら
天海の暗号 絶体絶命作戦(上)
詳細はこちら
天海の暗号 絶体絶命作戦(下)
詳細はこちら
信長の暗号(上)
詳細はこちら
信長の暗号(下)
詳細はこちら
ニュートン極秘文書 封印されたタブーのすべて!
詳細はこちら
『ロスト・シンボル』の謎 フリーメーソンの正体
詳細はこちら
名場面で読む聖書
詳細はこちら
今でも怖い 日本おとぎ話
詳細はこちら
グリム童話より怖い日本おとぎ話
詳細はこちら